[全面改装]一戸建のお住まいのリフォーム

一戸建のリフォーム

私の住まい、思い通りの家に満足

リフォームか、新築か、さんざん話し合って決めたリフォーム。想像以上に思い通りになることが多くて、やっぱりよかったね、と今日話しました。内装も、水まわりも、リフォーム屋さんのアドバイスを受けながら、思い通りに選べた我が家。大切に住んで行きたいと思っています。

外観写真最近では中古の住宅を購入して、リフォームをして住む方が増えています。
住宅が新築されていた高度成長期とは違い、土地の値段も上がりにくく、より限られた予算内でやりくりしなければなりません。
新築を建てるとなると、すべて一から新品で作る、ということになりますので、自然と価格も割高にならざるを得ません。

そうなると、立地や間取り、広さ、デザイン、設備などで妥協しなければならないことも出てくるでしょう。
また、もし売却となると、買った時より良い条件にはならないというリスクも考えなければなりません。

そのような住宅事情や、住宅業界の急激な変化もあいまって、『中古+リフォーム』という選択が普通になってきました。

中古住宅ですと、もちろん価格は新築より大幅に安く済みますし、本格的なリフォームをしたとしても、新築するより安く理想に近づけることができます。 
デザイン的な面から見ても、価格を抑えながらもデザイン性にすぐれた住宅設備(キッチン・浴室・トイレ・洗面など)が増えてきています。

「新築の妥協案としての中古」ではなく、積極的に『中古+リフォーム』を考えてみてはいかがでしょうか。

新築と『中古+リフォーム』の比較

新築と『中古+リフォーム』の比較グラフ

上記の価格例で見てみますと、新築、つまり全て新品で理想の仕様にした場合には3,500万円の費用がかかりますが、予算の問題から2,500万円まで価格を落とし、立地や広さを妥協しました。
しかしながら、理想の立地と間取の中古物件1,500万円で購入でき、500万円かけてリフォームしたとすると、総額2,000万円で済むことになります。
リフォームしますと、本体は中古ですが、設備機器などは新品を導入することができますので、新築と変わらない生活が手に入りますので、中古だからといって、古くさい機器で生活するということにはなりません。

このように、新築にこだわらなければ、選択肢が広がり、結果お得に新居を手にするとができるのです。

一戸建リフォームの事例