快適な住まいになりました(船橋市・I様)
信じて依頼して本当によかった(美浜区・M様)
ありがとうございます。

リフォームで大切なことはなんでしょうか? 値段、価格? 商品の仕様や機能でしょうか? 工事がしっかりしていることでしょうか?
もちろん、それらは当然満たしていなければいけないことがらです。
しかし、一番大事なことは『お客様に満足していただけること』だと私たちは考えます。
「ありがとう」「快適な住まいになりました」「信じてリフォームを依頼して本当に良かった」
そういった声をいただけることが何よりうれしい。
私たちは、お客様の「満足」のためにリフォームをしています。
私たちは、リフォームを通じて、お客様の幸せのお手伝いをしています。

千葉・埼玉の一戸建・マンションリフォーム|キューブリノベーション

LIXIL秋のリフォームコンテスト総合第1位

リフォーム通信に掲載されました

スタッフブログ

CUBEリノベーションのスタッフブログ staff_blog_come
旭市K邸 工事進捗

旭市の工事が佳境に入りました。キッチンの背面収納設置、開き戸からアウトセットドアに交換、金属サイディング工事 2月から工事スタートして、屋内は今...

Amazonリフォームサービス

Amazonでリフォーム事業「Amazonリフォームサービス」がはじまってますね・「バリエーション豊かな品揃え」・「価格やサービス内容の明確化」...

LIXIL 洗面台にもアクアセラミック

LIXIL のアクアセラミックという素材はトイレで有名ですが、 その素材が洗面台のボウルにも採用されています! 洗面台の掃除の必要が無くなるかも...

沖縄5

最終日は国際通りに行きました。ドンキホーテがあるんですね。昼食はサムズセーラーインへ内装は船使用になっています。ぶれてしまいましたが、クッキング...

沖縄4

バーベキューの後はリクシルの夕食会でした。シェフがお肉を焼いてくれます♪琉球太鼓に合わせて踊ります♪...

新着リフォーム施工事例

リフォームメニュー

  • キッチンのリフォーム

  • 浴室のリフォーム

  • トイレのリフォーム

  • 洗面室のリフォーム

  • オール電化

  • 一戸建のリフォーム

  • マンションのリフォーム

  • ペットのためのリフォーム

bnr_campaign13職人さん協力業者さん募集中

キューブリノベーション スタッフ

staff_photo千葉、埼玉 (さいたま) を拠点に、戸建・マンションのリフォームやリノベーション、アパートの修繕や空室リフォーム、店舗の工事など、住まい全般にわたるリフォームの企画提案から工事までをおこなっております。
お住まいのリフォームは、生活にかかわる大事なこと。お悩みやご要望を丁寧におうかがいし、お客様に『満足』いただけることを第一に考えてリフォームいたします。
キッチン、浴室、トイレなど水まわりをはじめ、インテリア(内装)・エクステリア(外構)・外壁塗装・太陽光発電・オール電化・マンションリフォーム・増改築など、リフォームのプロフェッショナルが、大切なお住まいをもっと快適にするお手伝いをさせていただきます。

店舗紹介

千葉本社


千葉事務所(本社ビル)は国道14号線からすぐ入った静かな場所にあります。幕張インターからも近く便利な立地。最寄りの海浜幕張駅は幕張新都心の中心部にあり、千葉のメトロポリスとしてにぎわっている有数の商業地域です。千葉本社ビルの事務所には最新のキッチン・トイレも付いているので、いろいろ体験することもできますよ!是非一度来てみてくださいね。

埼玉店


埼玉店は、さいたま市北区吉野町の閑静な住宅街のなかにあるとても環境の良い事務所です。近くにはリクシルさいたまショールームがあり、キッチンや浴室、トイレなどの水まわり、旧トステム製品などを実際に体験することができます。事務所の上階はとんかつ「今成」さん。大家さんです。近くにゴルフ練習場があり、店長のゴルフ趣味にいっそう磨きがかかってきています(笑)。

会社案内を見る 

更新情報

リフォームワンポイント

健康に気をつかったリフォーム

lmp0001-001.jpg

「快適な住まい」とはどういう住まいでしょうか。
一つには、「温度」と「湿度」が挙げられると思います。

人間にとって快適な温度は20〜25℃と言われていますが、例えばその温度でも、ジメジメしている環境ですと、やはり不快です。
また、湿度が高いと、微生物も繁殖しやすくなり、病気の原因となりかねません。
逆に、湿度は45〜55%くらいが過ごしやすいと言われていますが、これも寒すぎたり暑すぎたりしても健康を損ねたりします。
温度と湿度の良いバランスを作ることが、室内環境を良くするポイントと言えるでしょう。

断熱性の向上

温度を安定させるためには断熱性の向上が必要です。
断熱性が弱いと、外気の影響を受けやすくなり、また冷暖房で調節した熱もすぐに外に逃げていってしまいます。
断熱が快適性に大きく関係するということも、知られてきており、断熱リフォームをされる方も増えてきました。

具体的に見ていきましょう。
床や壁・天井には断熱材を使用して外気の影響を少なくします。
床材の下と天井の上に断熱性の高い材料を使用して床下と天井からの温度の出入りを抑えます。
壁には、断熱材を入れる他、外壁材に断熱性のある外壁材を使うことも視野に入れましょう。

また、窓は意外と面積が大きく、熱が出入りしやすい大きな要因です。

  • 窓ガラス自体を断熱性のあるものに取り替える
  • 窓ガラスに断熱フィルムを貼る
  • 断熱内窓(インプラスなど)を設置する

といった対策をすることで、かなり断熱性能はアップします。

また、断熱性能を高めることで、結露も抑えることができ、湿度の管理にも直結してきますので、「断熱」の重要性がお分かりいただけると思います。

湿度の調節

湿度の調節は、除湿器・加湿器の他、内装材料にも調湿機能があるものがあります。

  • 調湿壁紙は壁紙でありながら吸湿・放湿機能をそなえた壁紙で、室内でも大きな面積を占める壁に使うことで、湿度が高いときには湿気を吸収、湿度が低いときには放出するという室内の湿度の調節が出来ます。
  • エコカラットは、素焼きのタイルで、その多孔質のミクロの穴が湿度の調節に役立ちます。
    デザインも豊富でインテリア性も高く、おすすめの内装材です。

千葉・埼玉のリフォームはお問い合わせください。