洗面所リフォーム

洗面室のリフォーム

いそがしい朝も、のんびりの朝も

リフォームした洗面台は、やっぱりキレイ。なにより明るくなって、とても見やすくなった。手を洗うだけでもあちこち見てしまう。小さな部分の心遣いがうれしい。ちょっとした違いだけど、けっこう変わるものなんだな。

洗面所は、洗顔・洗髪・メイクをはじめ、洗濯、脱衣所など、毎日何度もいろいろな使い方をします。さまざまな使い方で家族みんなが快適に使えるように、限られたスペースを有効活用できる洗面台を選ぶのがポイントです。

システム洗面台、ドレッサー

洗面台は単に手や顔を洗うだけのものから、「ドレッサー」として身だしなみを整える場所の中心に、用途が多様化しています。
また洗濯する場所としての機能も担うようになりました。
洗面台やキャビネットもより機能的に、スタイリッシュに進化しています。

洗面台イメージ

周辺キャビネット

キャビネット写真上方に設置するアッパーキャビネット、洗面化粧台の脇に設置するサイドキャビネットがあります。洗面所の広さや用途に合わせて選択します。
サイドキャビネットも、洗濯用途に機能化したものや、姿見一体型のものなどがあります。
アッパーキャビネットには単なる扉ではなく、ダウンウォールタイプのものもあり、選択肢が広がります。

照明

照明写真あたたかな雰囲気の白熱灯、明るく見やすい蛍光灯など、長所・短所があります。
LED照明で省エネかつ明るさが増したものも一般的になっています。
用途を考えて選択しましょう。 

ベースキャビネット(洗面台本体下部の収納)

キャビネット写真スタンダードな扉タイプ、収納の取り出ししやすい引き出しタイプから選べます。 一般的な間口は60cm、75cm、90cmですが、カウンターが広く余裕のある100cm、120cmも選択肢に。
扉の色、材料や柄も多彩なので家具とのコーディネートもしやすくなっています。

ミラー

鏡写真一面鏡でサイドに小物収納が付いたものと、鏡裏が収納になったタイプがあります。一面鏡で小物の収納がなく大型鏡の製品も、見やすく人気です。
鏡裏収納は小物を収納することができ、洗面まわりがスッキリ片付きます。両開き三面鏡のタイプはメイク時に横を見ることができ便利です。

ボウル

ボウル写真アクリル・陶器・人工大理石・ホーローなど素材も豊富。
商品シリーズによって素材や形状が変わってきたりしますので、よく検討する必要があります。
奥行きはコンパクトな50cm、広々使える60cm、洗面ボウルの高さは75cm・80cmなどが一般的です。長身の方向けに85cmや90cmが選べる洗面台もあります。

水栓

水栓写真2ハンドル混合水栓やシングルレバー混合水栓は、洗面台として使用する場合には安価で必要充分ですが、シャワー水栓にしますと洗髪も簡単にできるようになる上に、水ハネが少なくなったり、清掃も楽になります。
清掃性の良い壁付水栓のモデルも増えてきており、洗面台はより使いやすく進化しています。

その他

すぐお湯が出せる電気温水器を設置したり、寒い季節にうれしい足元温風機などもオプションで追加することができます。快適な洗面空間を作りましょう。

施工例に見る洗面化粧台