住宅ストック循環支援事業とは

住宅ストック循環支援事業とは

以前の住宅エコポイントや省エネ住宅ポイントに続く補助金制度が今年も開始致しました。 良質な既存住宅の市場流通を促進し、若者の住居費負担の軽減及び既存住宅流通市場の拡大、耐震化率・省エネ適合率の向上等良質な住宅ストックの形成及びリフォーム市場の拡大を目的とした補助金制度です。

1.制度の概要

  • 下表にある3つの取組に対して支援します。
  • いずれの支援措置も自ら居住する住宅(持ち家)が対象となります。
良質な既存住宅の購入 住宅のエコリフォーム エコ住宅への建替え
要件
  • 若者(40歳未満)が既存住宅を購入すること
  • 売買に際して、インスペクションを実施し、既存住宅売買瑕疵保険に加入すること
  • エコリフォームを実施すること
  • リフォーム後に耐震性が確保されること
  • 年齢制限なし
  • 耐震性のない住宅を除却すること
  • エコ住宅に建替えること
  • 年齢制限なし
補助事業者
  • 宅建業者(買取再販等)
  • インスペクション事業者
リフォーム業者
  • 建設業者(注文)
  • 宅建業者(分譲)
補助対象
  • インスペクション
  • エコリフォーム
  • エコリフォーム
  • エコ住宅の建設
補助額
  • インスペクション
    5万円/戸
  • リフォーム工事内容に応じて定める額(定額)
  • リフォーム工事内容に応じて定める額(定額)
  • 30万円/戸(認定長期優良住宅やさらに省エネ性能の高い住宅の場合は、40万円/戸 又は50万円/戸)
限度額 50万円/戸(インスペクションとエコリフォームの合計額)
  • 耐震改修を行う場合は65万円/戸
30万円/戸
  • 耐震改修を行う場合は45万円/戸
50万円/戸

省エネ住宅ポイントとは

住宅エコポイントは地球温暖化対策の推進及び経済の活性化を図ることを目的として、
エコ住宅を新築された方やエコリフォームをされた方に対して一定のポイントを発行し、
これを使って様々な商品との交換追加工事の費用に充当することができる制度です。

「省エネ住宅ポイント制度」は、これまでの住宅エコポイントと同様に、
国が定めた省エネ基準を満たした住宅の新築(購入を含む)をした場合や、
省エネリフォームをした場合に、最大30万ポイント(1ポイント=1円に相当)が受け取れる制度です。

以前は対象ではなかった「完成済みの新築住宅を購入する場合(以下、完成済購入)」も対象に加わりました。

この制度は、3月上旬からポイント発行申請の受付を開始する予定です。
今後、以下の内容に変更があり得ることをご了承下さい。

省エネ住宅ポイントに関してのお問合せはこちら

省エネ住宅ポイントについて、もっと詳しく知りたい

ポイントについて不明点がある
など・・・
なんでもお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら

※お電話もお待ちしております。

0120-945-062

携帯・PHSからでもご利用いただけます。